新郎新婦

一生に一度の記念|結婚式の費用を抑える秘密

リゾート地での結婚式

砂浜

ハワイでのウエディングは信頼と実績のある会社に依頼します。日本語の話せるスタッフの有無、事前のしっかりした打ち合わせを行うと安心できます。特にハワイはリゾートウエディングの地として人気なので日程が決まったら早めに計画します。

時間と会場の選択肢

和服の男女

神社挙式を福岡で行う場合、時間厳守で行えるように前もって準備をしておく必要があること、足代を出すことも大切です。神社での挙式を行えるところは少なくありませんが、ホテルなどでも神前式を行えるところはあるので、口コミを参考にしてください。

衣装だけよくてもダメ

花嫁

ブライダルヘアメイクとは花嫁を美しく見せるためのヘアメイクです。当然一生に一度の事になりますので、リハーサルは必須です。その際雑誌の切り抜きや当日着る衣装の写真など具体的なものがあると話し合いがしやすくなります。

結婚に関する予算

教会

様々なお金がかかります

結婚が決まったら、結婚式を挙げて家族や友人に御祝いしてもらうカップルがほとんどです。しかし一生に一度の素敵な日を作り上げるには、たくさんの費用がかかります。そのため、きちんと予算を立ててそこにおさまるように工夫しなくてはなりません。予算で見落としがちな部分としては、結婚式総額だけでなく、海外で挙げるのであればゲストの旅費や、結婚指輪や結納金、引っ越し金や家具代などです。そのような部分もきちんと費用として立てておきましょう。結婚式そのものにあたっても、夢が膨らみオプションが増え、多くの場合予算をオーバーしてしまいがちです。結婚式の相場を考えながら予算を設定し、結婚式後にもある程度余裕のある生活が出来るように工夫しましょう。

ゲストにかかるお金

また、結婚式で費用がかさむのは主催者側だけではありません。招かれるゲストにも、もちろん費用はかかります。ご祝儀代、式場にもよりますが結婚式に行くまでの交通費や遠方であれば宿泊費、そして女性であればドレスアップのための着付け代や美容代がかかります。その他にも、地域によっては結婚式の会費、二次会費などもかかることがあり、一度の結婚式でたくさんのお金を使うことになります。ゲストは、そのようにお金をかけて結婚式を御祝いしてくれるのです。 そのため、予算を立てる際にはゲスト側に配慮した部分はなるべく削らないようにしましょう。食事代は豪華にする、送迎バスをつける、宿泊費を一部負担するなど、ゲストを大切にした費用内訳にすることがおすすめです。